賃貸経営に安心をもたらす|リスクを分散できるアパート経営|一棟買いがおすすめ
男性と女性

賃貸経営に安心をもたらす

女性

入居しやすさを改善

賃貸住宅の経営は安定した収益が確保できる人気の資産運用法ですが、昨今は一種のブームとも言える状況にあり、物件は供給過剰の傾向を示しています。こうした中にあっては、オーナーは入居率を維持・改善するためにさまざまな経営上の工夫を行う必要があります。その好例の1つが、賃貸保証会社の活用です。賃貸保証会社とは、入居者が万が一家賃等を滞納した場合は、入居者に代わって債務の弁済を行う事業者です。このようなシステムを取り入れることがなぜ入居率の維持・改善につながるかというと、賃貸保証会社を利用する場合、入居時に連帯保証人を選定する必要がなくなるからです。つまり自ら保有する物件を連帯保証人不要物件とすることで、入居へのハードルを下げることができるのです。

家賃督促の手間いらず

現在、わが国では賃貸住宅利用者における高齢者と外国人の割合が年々増加しています。こうした人たちは連帯保証人に適した人物が周囲にいることが少なく、スムーズに入居や住み替えを行うことが困難な状況にあります。しかしこれらの人々を「保証人がいないから」という理由で一律に入居を断ると、オーナーは空き室を解消することが難しくなってきています。賃貸保証会社は、さまざまな事情を持つ人にも賃貸住宅を利用しやすくするとともに、債権確保の安全性を向上させます。加えてオーナーにとっては、家賃の督促などの手間から解放されるというメリットももたらされます。業務にかかるコストは入居者から賃貸保証会社に支払われる手数料によって賄われるため、オーナーの負担は増加しません。